スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

照井俊の化学有機化学の最重点照井式解法カード―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)/理論化学/無機化学



・難易度 易~普通
・網羅性 やや高い
・分かりやすさ 二色塗りであるが文字が多いので見難いと感じる人もいるかもしれない。その分解説はしっかりしている。会話調
・対象 センター~難関二次
・使用法 テキスト
・総評 
 超定番の参考書で医学部に行った仲間で使っている人はかなり多かった。別冊に解法カードと呼ばれるものがあり重要事項がまとまっている。
 問題が少ないという欠点があるかもしれないが、どちらにせよ問題集を購入するわけだから特に問題はない。その分網羅性は高い。高度な内容も扱っている
 講義系のテキストの中では硬派なものであるから勉強することに慣れている人、マンガのある参考書は受け付けないような人に向いている。逆に言えば、挫折しやすい参考書だと言える
 著者は東工大で博士課程を取っていて信頼のおける方だ。照井俊先生の講義は実際に受けたことがあるが 板書がきれいなほうではないので、この参考書で勉強する方が分かりやすいかもしれない
 化学のテキストは理論化学であまりいいのがないので、難関大学を志望する人はこれの理論化学を使ってみてはどうだろうか 私は大宮先生のをメインで使ったが・・・
関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 23:14 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/7-dad63b54









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。