スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化学―合格点への最短距離






・4難易度 易~やや難
・網羅性 やや高い
・分量 ふつう
・わかりやすさ カラーで見やすくまたよくまとまっている
・対象 センター~難関二次
・使用法 テキスト
・総評
 超有名な講師が執筆した参考書であり、とくに「福間智人の化学無機化学―合格点への最短距離」は定番中の定番の参考書だ。解説も詳しいがが暗記系に分類できる。講義系を終わらせたあとにやり始めるとよいだろう。なお薄いので受験会場で暗記モノを確認するのに適している.
私は大宮シリーズを読んでから始めてすんなり進んだ。無機のものは最後の最後まで使用した。
姉妹編の「大宮理の化学化学I・II明快解法講座」という問題集は買ったがあまりやらなかった。
中堅大学向けの問題集。
関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 12:29 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/5-ae54878f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。