スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化学の参考書の選び方

まず大きく「テキスト」「問題集」「辞書」に化学の参考書は分類できる
テキスト 基本的に頭から読んでいって最後まで読み切るような使用に適したものをさす。また「講義系」「暗記系に分けられる」
問題集  基本的に問題が並べてあるものを指す
辞書   網羅性が高く索引がついたものを指す

まず化学を勉強しようと思った場合には「テキスト」を購入する必要がある。また「講義系」で読みやすいものから始めるのが挫折しない秘訣である。お金を出し惜しんで問題集しか買わなかったりするは失敗のもとだ。受験生にとっては時間が一番貴重である。
一通り読み終わってからは「問題集」をときながら「暗記系」のテキストを用いてinputの作業も進めていくような進め方がいいだろう。はじめにテキストを丸暗記しようとするのは根気がいるし効率的ではない
その作業に入ると問題との出会いのなかで疑問が生じるようになる。ここで「辞書」の必要性がでてくる。
関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 12:22 ] 勉強法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/4-ce6b8083









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。