スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出題傾向対応版 大宮理の 化学が面白いほどわかる本




・難易度 易~普通
・網羅性 やや高い
・分量 多いが会話長で読みやすい
・分かりやすさ マンガや例えで理解しやすい
・対象 センター~二次
・使用法 テキスト 
・総評
 独学するさいにオススメのひとつがコレである。とにかくよみやすいし問題までついている。講義調でありつつもチェックシートのようなのがあり知識の定着が図られるよう工夫していある。ちなみに化学は理論化学から学ぶのが定石
 欠点は文章が多いところ。勉強が進んでからはいちいち読むのが面倒。
 会話調で有名どころは「照井式解法カード」「岡野の化学をはじめからていねいに」などがあり迷いどころだが照井式は固い参考書が好きな人 この本はゆるい参考書が好きな人向けでこれらでつまずいてしまう人向けがはじていだと考えてもらいたい
 これから勉強を始めるといった頃に購入しよう。その後は「Do series」や「大学入試にでる有機化学反応が面白いほどわかる本」「大学入試にでる無機化学反応が面白いほどわかる本」などに移っていくのが基本ではないだろうか
関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 21:34 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/3-75f5f39b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。