スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英文法のナビゲーター

英文法のナビゲーターのレビュー
・使用法 文法(読み物)
・対象 センター~難関二次



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。


・総評
 英語の参考書の著者で最も有名であるといってよいであろう伊藤和夫の代表作の一つが
英作文のナビゲーターである

文法の学習は無味乾燥の暗記というふうに考えられがちだが

英文解釈>や英文法の学力向上に役立つような英文法の参考書
 それが英文法のナビゲーターだ  
内容は問題→解説 という順で進んだいき、一通りの英文法について講義調で解説していく 
といった感じ

 ゆえ、初心者には厳しいように思われるかもしれないが、はじめは「主語が単数なら動詞も単数」といった中学の文法から始まるし
DSC_1423.jpg

DSC_1424.jpg


実際に私は 文法の知識が全くといってないとこらから始めて、問題を解かずにその解説を読む といった風にして使用した
問題と解説はこんな感じ
DSC_1419.jpg
DSC_1421.jpg
DSC_1422.jpg

普通の文法の問題集では時制の問題がわかりくいものが多いが

この参考書では図を用いた詳しい解説で徹底的に理解することができる!!!!!



 欠点は勉強に慣れてない人には読みにくく感じるかもしれない 
基本的に伊藤和夫の著作は到達度が高く設定されていて、難関大学を志望する人を前提においている感もあるが

英作文のナビゲーター は誰でも始めらる
(今 売られているのは全て改訂されたものなので 初心者でもやりやすくつくってある)

文法は単語以上に挫折しやい単元なので 問題集を始める前に 読み物 で一通りの概要を抑えてから詳しく学んでいくと良い
 


関連記事
  [ 2011/05/<%topentry_day 12:56 ] 英語の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/23-dbc7d9a2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。