スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

システム英単語 Ver.2 (シス単) レビュー

システム英単語 Ver.2のレビュー

・単語レベル やや易~やや難(follow,consider,increaseあたりから始まる)
 ;">MARCHあたりはこれ一冊で単語はOK       
  早稲田・慶応の文系難関学部(法律学部、経済学部など)には不十分      

・情報量 多い colocationを大切にしている 関連語も多い

・コンセプト  暗記系で3~5文字のフレーズ(ミニマル・フレーズ)で覚えていく( 英単語ピーナツほどおいしいものはない と同じ)  
        CDが非常に良い

・語順 難易度順であるので
    目標に応じてやる範囲を少なくできる
    例えば センター試験だけ英語を使う人はココまでと指示してある 
  つまり
    自分にあった使い方が提案される


下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。


・総評
 システム英単語 Ver.2(シス単)という単語帳は本当にオススメできる。システム英単語 Ver.2のCDも一緒に買おう。
 
例文がないというのが欠点であるとともにシステム英単語 Ver.2の最大のポイント。 長く覚えられない例文を廃して、
3~5字程度の覚えやすいフレーズ(ミニマル・フレーズ)を暗記していく

 
 
 語法にも相当強くなるし、多義語も収録されている(システム英単語 Ver.2の長所の盲点)
 自分は1週間で100語覚えていった。
 
CDはミニマル・フレーズを3回も流すので耳につきやすい。
長文でその単語を見たときに 
ミニマル・フレーズ が頭によぎるような感覚を得られる

 
 英作文にも強くなることができる
 
 早慶レベルには単語が少々足りないかも知れない(学部による)




・具体的な使用法

 耳につき頭から離れにくいようにCDが作られているので
 例えば休憩しているときとか、ネットサーフィンしているときとかに
CDをただ流してさえおけばよい
自然にフレーズを口ずさめるようになる

英和が基本で英作文が必要な人は和英でも暗記

フレーズを大体覚えたら 
関連語などを緑ペンで塗って赤シートで暗記していく

姉妹編に「システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)」がある
システム英単語 Ver.2よりも簡単で中学レベル
 


関連記事
  [ 2011/05/<%topentry_day 13:19 ] 英語の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/21-130aeaa9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。