スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

化学の理論―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)/有機化学/無機化学  レビュー

レビュー
・難易度 易~難
・網羅性 高い
・分かりやすさ モノクロだが見やすいほう 
・対象 センター~難関二次 一通り学んだ人向けだと私は思うが0からでも始められる
・使用法 テキスト
・総評
 駿台のテキスト作成に大きく貢献しているといわれる石川先生の著作の受験参考書。講習に全国から集まるほどの人気がある。彼の特徴は大学の化学の知識も学ばせるところにある(スピンなど)。それにより”暗記”から”理解”に変えることができる
 
 ゆえに、時間があるのであればやったほうがいいのであろうが、大半の化学講師が考えていることはそんな理論を学ぶ時間があれば反応式を覚えてしまったほうが早いといったところ
 
 いきなりはじめてもよいわけだが、ほかの科目のめどが立っているとき以外はやめたほうが良い
大学範囲に時間をかける余りに高校の範囲が疎かになってしまっては本末転倒である
 ただ「化学の理論」の「構造の理論」は誰もが読んでおきたいところ

 化学をに興味がある人にとっては最高の受験参考書



関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 10:01 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/14-3f60c1d6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。