スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二見の化学問題集―〓〓〓I・II (ハイクラス編) (東進ブックス―ハンドブック準拠問題集シリーズ レビュー

レビュー
・難易度 やや難~超難
・網羅性 普通
・分かりやすさ カラー 解説も丁寧
・対象 難関二次
・使用法 問題集(上級)
・総評
 理論分野にが特に優秀な問題集。かなり数学的な解法を取っている。一般的な解法ではないことが多いが基本的に普通の参考書の解法がショボイのだと考えてもらえればよい
 問題は東大 京大 阪大 東工大といった難関大学の過去問と著者のオリジナルで構成されている。特に「トップレベルオリジナル問題演習」という所はかなり難しい。難しさという点では理系大学受験化学1・2の新演習 改訂版(以前にレビューした)を上回るのではないだろうか。網羅性は及ばないが・・。後者はかなりマニアックな電池(レドックスフローなど)の問題やウィリアムソンのエーテル合成法などにも触れてあるのが強み
 
 本書は最近のトレンドとも言ってよい「緩衝液」の問題が豊富なのでやはり捨てがたい(重要問題集も新演習も弱い)
 新演習と併用することを薦める

 著者は東大理Ⅲを卒業した方で、問題をガンガンときながら覚えるという方法で実力をつけたらしい
 そのためで調べながら解くことを推奨している。


にほんブログ村 受験ブログ 受験教材へ
関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 10:20 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/13-686b5ba4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。