スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ --/--/<%topentry_day --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実戦化学1・2重要問題集 2011

・難易度 やや易~難
・網羅性 高い
・分かりやすさ 簡潔な解答なので独学に慣れた人用
・対象 二次~難関二次 初歩の問題集を済ました人向け
・使用法 問題集
・総評
 超定番の問題集で東大受験者支持率1位ということで有名である。医学部受験者で愛用しているひとも多い。難しめの分類に入る。化学が極端に難しい大学以外はこれができれば合格点は稼げるというのは通説である。
 欠点は解説が簡潔であること。問題数がおおいので仕方が無いかもしれないが・・・
それも裏を返せば賢い人にはペース良く進めることができるとも言えよう
 難関大学を志望する人は上級の問題集をする必要があるわけだがそれには本書か理系大学受験化学1・2の新演習 改訂版が定番である
 後者は解説は詳しいが問題も受験界のトップレベルのものも入っているので覚悟が必要(レベルが表示されているので一番難しいのはやらないという使用が流行しているみたいだが、レベルは話題の目新しさでつけられているような感じであり、必ずしも難易度と直結しないので注意が必要)
 最後に言いたいのは 化学の問題集は解方がヘボイものが多く 本書もそこから脱していない
 上級の問題集をやるためには自分で解法を作り上げられる土台ができている必要がある

 ある程度勉強の進んだ高い志を持った人にオススメ


関連記事



下のバナーから、受験教材のブログランキングに飛べます。

  [ 2011/04/<%topentry_day 08:07 ] 化学の参考書レビュー | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/02/14 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://zyukenwooen.blog.fc2.com/tb.php/10-b38b9c5f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。